面接を受けるならば | 大阪オナクラのようなソフト風俗でバイトしてみませんか?
menu

面接を受けるならば

スマホで通話している女性

風俗バイトは一般的なバイトと同じく面接が行われます。
風俗なのになんで面接をするの?と感じる方もいるかもしれません。
その理由は単純で、風俗とは接客業だからです。
男性に気持ちのいいひとときを過ごしてもらうための風俗なのにその時間を女の子の人間性のせいで気持ちが良くないものになってはいけないからです。

では面接で必要になってくる人としての最低限のマナーというのは具体的に一体どういうものなのか。
見ると当たり前のことじゃない?と思うかもしれませんが、世の中にはその当たり前のことを当たり前にできない人が非常に多いのです。
そのために当たり前のことをもう一度再確認しておきましょう。

風俗では時間を守ることが第一とされています。
お客さんとの約束の時間に遅れることになってはお店の管理不行き届きとしてお店側の信用が落ちてしまいます。
そのような事態を防ぐために最低限時間にシビアな女の子が必要だということです。
面接の時間に間に合わない場合などは必ずお店に電話をしましょう。
そうじゃないとそもそも面接を受けさせてもらえないかもしれません。

髪型や服装もチェックの対象です。
寝癖がついていたり他人に会うのに適していない格好をしている場合などは要注意です。
あくまでも女の子らしい服装というのを意識しましょう。
身だしなみを大切にしなければいけません。

最後に敬語をきちんと使えるかどうかです。
初対面の面接官にいきなりタメ口で話すような女の子は絶対にだめです。
お客さんによってはいきなりの距離の近さに不快感を抱く人もいることを忘れてはいけません。
また接客中にきれいな日本語を使えないのは風俗嬢としてはだめなのです。